正確な時刻が素早く把握し難い

アナログ時計のデメリットですが、正確な時間が把握し難い点があります。長針と短針の二つの針の位置によって、時刻を表示するのがアナログ式時計の特徴です。大まかな時間を把握しやすいのがメリットですが、短針の位置が遠くからでは見づらいです。 例えば、時刻が五時半といった時間帯なら短針の位置が、丁度真下を指しているため、直観的に遠くからでも把握できます。一方で時刻が五時五十八分といった、曖昧な状態だと短針の位置が正確に把握し難いです。一分でも遅れてはいけないシチュエーションの時、アナログ式の腕時計や目覚まし時計では、正確な時間が分かりづらく、結局デジタル式で時刻が表示されるスマホなどで再確認しなければなりません。

耐久性や費用対効果に難点があります

アナログ式の腕時計は、デジタル式の物に比べて耐久性に難があります。。あくまでデジタル式と比較した場合の問題ではありますが、アナログ式の腕時計はその仕様上、水濡れや激しい衝撃に弱いのが難点です。長針と短針が常時動き、内部には精密な部品がせわしく稼働しています。地面にアナログ式の腕時計を落下させたり、誤って踏みつけてしまったら、内部の針やギアが損傷しかねません。 また費用対効果の面でもアナログ式の腕時計は課題を抱えています。ユーザーに満足感を与えるデザイン性の良いアナログ式の腕時計は、ほぼ例外なく高級品です。デジタル式に比べてアナログ式は見た目の良さと販売価格が比例しやすいのが玉に瑕です。社会人男女がビジネスシーンで身につけるなら、ある程度の出費を覚悟し、高級ブランドの物にしなければ、格好がつきません。