スーツなどの服に合わせにくい

服を着るときはTPOに合わせる必要があり、仕事であればスーツを着る機会が多くなるかもしれません。スーツを着るときにはそれに合わせて革靴を履いたりビジネスバッグを持つなどその他のアイテムにも気を使わなくてはいけません。腕時計をするときにもどんな服を着ているかによって合う合わないがあり、ビジネススーツであればアナログの高級時計をつけた方が商談などを進めやすくなる可能性があります。デジタル時計はカジュアルなイメージがあるため、気難しい商談相手だとデジタル時計をしているだけで信用されないときもあるでしょう。自分用の時計はアナログとデジタルを数本持っておき、ビジネスであったり大事な約束のために外出するときにはデジタル時計は避けた方がいいかも知れません。

機能を使いこなせない

腕時計は時間を知るためのアイテムで、身につけていればいつでも時間がわかります。時間以外にもいろいろわかると良いでしょうが、日付であったりストップウォッチのような機能がついているものもあります。アナログ時計だと時間と日付しかわからないものが多いですが、デジタル時計はそれ以外にもたくさんの機能があり、画面の周りにたくさんのボタンがついているものもあります。取扱説明書を見るとどのボタンを何回押すと何が表示されるなどがあり、使いこなせる人にとっては非常に便利なのでしょう。しかしあまりに多機能すぎて結局使いこなせない可能性があります。誤ってボタンを押すと時間以外の表示になり時間がわからなくなるなどのトラブルも起きやすいでしょう。