年齢や場所に関係なく身につけられる

アナログ時計はデジタル時計と比べて古くさく見えると言って敬遠する人もいますが、一方、デジタルにはないメリットがたくさんあると愛用する人もたくさん存在します。では、アナログ時計のメリットにはどのようなものが挙げられるでしょうか。まず、場所や身につける人の年齢に左右されないという点があります。
たとえば、取引先の偉い人との会食の場で派手なデザインのデジタル時計はちょっと身につけづらいものです。しかし、アナログ時計であれば、そういった場で身につけても浮くことはないでしょう。また恋人の両親と会食するとき、若い人でもスーツにアナログ時計という組み合わせには無理がなく、良い印象を与えられる可能性が高いです。

壊れても修理がしやすい

壊れたときに直しやすいのもアナログ時計のメリットです。というのはデジタル時計と比べて機能が単純で、さらに機械式のアナログ時計であればどんなメーカーでもゼンマイと歯車で動いているので、壊れたパーツの代替品を用意しやすいからです。デジタル時計の場合、必ず電子基板が内蔵されています。しかし、基板の設計はメーカーによって違うので町中にある時計屋に持っていっても修理してもらえる可能性はあまり高くありません。メーカーに送ったとしても、メーカーに代替の基板が残っていなければどうにもならないのです。
クォーツで動作するもの、それともゼンマイと歯車で動く機械式のもの、どちらかから選べるのもアナログ時計の長所です。