アナログ時計の場合

短針や長針といった針で時間を確認することができるアナログ時計。時間の経過具合や予定時刻の確認などを直感的に知ることができます。ここでは、アナログ時計のメリットやデメリットなどを紹介します。アナログ時計を選ぶときの参考にしてくださいね。

アナログ時計のメリット

アナログ時計はデジタル時計と比べて古くさく見えると言って敬遠する人もいますが、一方、デジタルにはないメリットがたくさんあると愛用する人もたくさん存在します。では、アナログ時計のメリットにはどのよう…

アナログ時計のデメリット

アナログ時計のデメリットですが、正確な時間が把握し難い点があります。長針と短針の二つの針の位置によって、時刻を表示するのがアナログ式時計の特徴です。大まかな時間を把握しやすいのがメリットですが、短…

ロレックスはイギリスのメーカーだった?

ロレックスの本社はスイスにありますが、もともとはイギリスで創業された会社でした。その後、スイスに拠点を移して世界的に有名な高級時計メーカーとなったのです。

アナログ時計の選び方

ビジネスシーンのアナログ時計選び

ビジネスシーンで取り入れやすいアナログ時計は、見やすさが大きなポイントです。インデックスが分かりやすくシンプルなデザインであれば、時計を見た瞬間に時刻が分かり、仕事での使い勝手が良くなるでしょう。カレンダー機能が搭載されていると、日付を間違えずにすむメリットも高いです。ストラップはステンレス製を選択すればビジネスシーンでもフォーマルシーンでも使いやすくなります。勿論、休日にも使えますから、高価な時計をいくつも持てない新入社員などでも持ちやすいです。内部機構はクオーツ式か自動巻き式の機械式が日々のメンテナンスが少なくて済みます。しかし、高価な機械式は数年ごとのメンテナンスも高額ですので時計マニアか、社会的立場が高い人に向いているかもしれません。

プライベートならデザインを重視しても良し

プライベートで使うなら、デザイン重視でアナログ時計を選んでも良いでしょう。ストリートやロック、カジュアルなどのファッションコーディネートを好むなら、スポーツタイプやミリタリータイプのモデルを選ぶとクールなアクセサリーになります。スケートボードやダンスなどのアーバンスポーツやアウトドア、スポーツ観戦などマルチなシーンで使いやすいです。また、ビジネス用の時計とは異なり、時計全体の重量が軽量なモデルを選択すると、長時間着用していても疲れにくく、薄型ケースであれば手首になじみやすくなります。ケースサイズは、大きめを選ぶとスタイリッシュな印象が強くなりますが、手首のサイズとバランスが良い方がシンプルに見えて邪魔になりにくいです。

デジタル時計の場合

数字を液晶画面に表示し、現在の時刻を一目で確認することができるデジタル時計。衝撃や水圧に強いモデルが多く、ビジネスだけでなくスポーツやアウトドアでも活躍することができます。デジタル時計を選ぶときには、どんな点に注目すればいいのでしょうか。ここでは、デジタル時計を選ぶときのポイントについて紹介していきますので、参考にしてみてください。

デジタル時計のメリット

機械式時計を使う場合は、ゼンマイを巻かなければいけません。しかし、デジタル時計の場合は電池を使って動かせるため、ゼンマイを巻くような手間を掛ける必要はないです。ただ、自動巻きの機械式時計もあるので…

デジタル時計のデメリット

服を着るときはTPOに合わせる必要があり、仕事であればスーツを着る機会が多くなるかもしれません。スーツを着るときにはそれに合わせて革靴を履いたりビジネスバッグを持つなどその他のアイテムにも気を使わ…

デジタル時計の選び方

デジタル時計はどういった観点で選ぶのがいいのでしょうか。まず、電波時計であるかどうかは必ずチェックしたいポイントです。電波時計のメリットは利用者が時計の時間を合わせる必要が一切ない点です。アナログ…